お知らせ

平成30年度豆類消費啓発助成等事業に係る公募の事前告知について

 当協会では、豆類(乾燥子実としての「小豆及びいんげん」)の価格及び供給の安定、流通の円滑化、消費啓発活動及び調査研究活動への助成活動を実施しています。
 このうち豆類の消費啓発活動については、北海道が国内有数の豆類の産地であるにも関わらず消費の面では低水準に止まっていることから、豆類に関する知識を深め、豆料理の美味しさを実感していただくための取組を委託事業と助成事業の2つの方法で展開しています。
 委託事業については、当協会と北海道豆類振興会が毎年10月に実施している「北海道・豆トークショー」の開催場所の確保、試食用豆料理の提案等、当協会が指定する内容を受託するとともに当該事業の実施を補助していただける方を公募するものです。
 また、助成事業については、豆類の栄養性・機能性に関する知識の啓発や豆料理の普及などの取組を自ら実施する方を公募するものです。
 いずれも広く募集し、審査委員会で選定された方や取組に対して、委託費や助成金を交付することとしており、平成30年度においても、道産豆類の消費啓発に向けた取組を展開することとして、本年12月上旬から2週間程度、当協会のホーページに委託業務受託者募集要領及び公募事業公募要領を掲載しますので、より多くの皆さまから応募いただきますよう、あらかじめお知らせします。

 

<これまでの主な取組状況等>

委託事業
・北海道・豆トークショー2015  釧路市  参加者等 127名
・北海道・豆トークショー2016  北見市  参加者等 144名
・北海道・豆トークショー2017  札幌市  参加者等 183名

助成事業
・今後の高齢化社会を見据えた雑豆知識の提供と消費啓発
・道内主要都市における「豆料理講座キャラバン」の開催
・女性を対象とした「北海道の豆で健康美人になろう!」ツアーの開催
・「時短でカンタン豆料理教室」の開催
・~北海道の豆で作ろう~親子でお菓子作り教室
・ビーンズクッキング動画及びWEBサイト制作
・北海道の和菓子屋を巡ろう!豆スタンプラリー

最新10件のお知らせ

ページの先頭に戻る