お知らせ

協会からのお知らせ

令和2年度公募事業(助成事業)の選定結果を公表します。

 令和2年度の公募事業(助成事業)については、令和元年12月2日から12月16日にかけて当協会のホームページで募集し、外部有識者等からなる審査委員会において、次のとおり、新規課題の候補が選定されましたので、お知らせします。
 今後、必要な手続きを経て正式に決定し、助成金を交付することとしています。

 

令和2年度公募事業(助成事業)新規採択候補課題

【豆類消費啓発助成等事業関係】


番号


応募課題名


応募団体



北海道豆加工品フェア

株式会社 朝日アグリ



飲食店での「北海道ビーンズフェア」の開催

株式会社 朝日アグリ



学校給食関係者向け「北海道産雑豆生産者交流研修会」

株式会社 フラクタル



~北海道の豆で作ろう~親子で和菓子作り教室

株式会社 ブレナイ社



北海道の豆産地で学ぼう!小学校食育&料理教室

株式会社 ブレナイ社



子育てママ応援!託児付き豆料理教室

株式会社 ブレナイ社



幼稚園向け「北海道の豆キッズセミナー」

株式会社 ブレナイ社

 

 

【豆類調査研究助成事業関係】


番号


応募課題名


応募団体



土壌病害抵抗性に優れる小豆品種の開発促進
(地独)北海道立総合研究機構
(農業研究本部中央農業試験場)

「北海道・豆トークショー2020」に係る委託業務受託者の選定結果を公表します。

 「北海道・豆トークショー2020」に係る委託業務受託者については、令和元年12月2日から12月16日にかけて当協会のホームページで公募し、外部有識者等からなる審査委員会において、次の応募団体を業務委託の対象とすることが妥当である旨の承認を得ましたので、お知らせします。

 今後、必要な手続きを経て、正式に決定し、委託契約を締結することとしています。

 


番号


委託業務名


応募団体名



「北海道・豆トークショー2020」の実施補助に関する業務


株式会社 朝日アグリ

令和2年度公募事業(助成事業)の募集は終了しました。

令和2年度公募事業(助成事業)の募集(12/2開始)は終了しました。

「北海道・豆トークショー2020」に係る委託業務受託者の募集は終了しました。

「北海道・豆トークショー2020」に係る委託業務受託者の募集(12/2開始)は終了しました。

令和2年度公募事業(助成事業)の募集について ※終了しました。

令和2年度公募事業(助成事業)の募集について(PDFファイル) 

 公益社団法人北海道豆類価格安定基金協会では、豆類(小豆及びいんげんまめ)の価格及び供給の安定、流通の円滑化、消費啓発活動及び調査研究活動への助成等の活動を実施しています。 
 このうち豆類の消費啓発活動や調査研究活動については、事業計画を募集し、審査委員会の審査結果に基づき、助成金を交付することとしています。 
 具体的には、令和2年度公募事業公募要領(以下「公募要領」といいます。)をご覧ください。 
 以下に本事業の応募方法等を簡潔に整理しましたので、参考にしてください。 
 

【令和2年度公募事業公募のポイント】

1 公募対象の事業

  募集する事業は、次の2つの分野です。豆類の安定的な生産、消費等に資することが明確であり、かつ、計画及び方法が 
 適切なもので、国、地方公共団体等の助成を受けていない事業に限ります。 
  (1) 豆類消費啓発助成等事業 
  (2) 豆類調査研究助成事業 
 

2 助成対象事業の実施期間及び規模

  助成金を交付する事業の実施期間は、1年間です。ただし、豆類調査研究助成事業に限っては、3年間まで認められる場 
 合があります。
  助成対象事業の課題1件当たりの規模は、公募要領に示しています。 
  事業実施に当たって資金計画書の自己負担額の有無は問いません。 
 

3 応募期間

  応募開始:令和元年12月 2日(月) 
  応募締切:令和元年12月16日(月)(当日の午後5時必着) 

4 応募資格

  応募対象事業の性格から、2つの区分があります。 
  (1) 豆類消費啓発助成等事業(公募要領4の(1)の事業、様式Aで応募) 
     北海道又は北海道内の雑豆の主産地、主要消費地等を業務範囲とし、かつ、専門知識を有して事業を適切に遂行で
    きる能力を持つ法人又は任意団体です。 

  (2) 豆類調査研究助成事業(公募要領4の(2)の事業、様式Bで応募) 
     調査研究の遂行に必要な見識、調整・管理能力があり、豆類の生産、流通、消費等に関する専門的知識を有する 
    大学、公設試験研究機関、地方独立行政法人、民間法人等に所属する者です。 
 

5 応募方法

  公募要領に別紙2として応募書類の作成要領を添付していますので、この作成要領を参考として、公募対象事業の区分に 
 従って「様式A」又は「様式B」の助成金応募申請書を作成の上、応募してください。 
  なお、主な内容は、実施計画書と収支予算書となっています。 

 

6 審査、採択

  応募のあった助成対象事業については、外部有識者等からなる審査委員会の審査結果を踏まえ、予算の範囲内で採択しま
 す。 
 

7 助成対象経費

  次の(1)から(6)の経費を助成対象とします。 
  (1) 消耗品費(備品に係る費用は除く。) 
  (2) 旅費 
  (3) 通信運搬費 
  (4) 賃金(補助的な業務に係る雇用賃金に限る。) 
  (5) その他経費(印刷費、会議費、謝金等で具体的に内容を記載できる経費) 
  (6) 間接経費(豆類消費啓発助成等事業では直接経費((1)~(5)の経費)の1割以内、豆類調査研究助成事業では直
    接経費の2割以内) 
 

8 助成金の交付

  助成事業に決定後、必要に応じて、全額を概算払いで支払います。 

9 事業実施結果の取扱

  事業完了後、速やかに実施結果を完了報告書として当協会に提出していただきます。
  なお、事業主体は、助成事業の実施内容及び成果情報を公開していただきます。
  また、無体財産権等の権利は実施者のものとしますが、特許等を取得された際には当協会に報告してください。 
 

10 その他

  (1) 応募された事業計画の内容についての秘密は厳守します。 
  (2) 提出書類は一切返却しません。 
  (3) 申請内容に虚偽があった場合には採択が取り消されます。 
  (4) 取得した個人情報については、審査及び連絡目的としてのみ使用します。 
 

  以上、ポイントを整理しましたが、詳しくは公募要領をご覧ください。
 

  令和2年度公募事業公募要領(PDFファイル)及び応募書類作成用の様式(doc形式のWordファイル)は、以下から
 ダウンロードしてください。

 

   令和2年度公募事業公募要領(PDFファイル)

   令和2年度豆類消費啓発助成等事業助成金応募申請書
   様式A (Wordファイル)

   令和2年度豆類調査研究助成事業助成金応募申請書
   様式B (Wordファイル)

 

【応募書類送付先】
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル5階
公益社団法人北海道豆類価格安定基金協会 業務部(担当:塚田、加藤)

「北海道・豆トークショー2020」に係る委託業務受託者の募集について ※終了しました。

「北海道・豆トークショー2020」に係る委託業務受託者の募集について(PDFファイル)

 

 公益社団法人北海道豆類価格安定基金協会では、雑豆(小豆及びいんげんまめ)の安定的な生産・消費等を確保するための様々な活動を実施していますが、その一環として、「豆の日」(毎年10月13日)及び「豆月間」(10月)の協賛行事として、道内の主要な市町村において「北海道・豆トークショー」を開催しています。 
 令和2年度は、旭川市において開催することを計画しておりますが、下記のとおり、この業務についてその一部を委託することとしております。 
 詳しくは、「北海道・豆トークショー2020」に係る委託業務受託者募集要領に記載しておりますので、ご覧ください。 

1 委託業務名 
  「北海道・豆トークショー2020」(以下「イベント」といいます。)の実施補助に関する業務

2 イベントの開催日時 
  令和2年10月上中旬の土曜日、又は日曜日の午後1時から4時までの3時間 
  (会場の確保が著しく困難な場合は、金曜日の開催も可)

3 イベントの開催場所 
  旭川市内

4 委託期間(予定) 
  令和2年4月から11月末まで

5 委託業務の内容
  (1) イベント会場の確保及び設営
  (2) 雑豆を使用したレシピの考案及び参加者への試食品の提供を行う者の確保
  (3) 司会者の確保
  (4) 告知用チラシの印刷、配布等
  (5) イベントの告知媒体の選定及び当該媒体への告知広告の掲載

6 応募期間 
  公募開始:令和元年12月 2日(月)
  公募締切:令和元年12月16日(月)(当日の午後5時必着)

7 応募資格
  北海道又は北海道の主要消費地域を業務範囲とし、かつ、専門的知識を有して事業を適切に遂行できる能力を持つ法人又
 は任意団体です。

8 応募方法
  「北海道・豆トークショー2020」に係る業務受託応募申請書により、応募してください。

9 審査・採択
  応募のあった申請書について、外部有識者等からなる審査委員会の審査結果を踏まえ、1件を採択します。採択された場
 合は、当基金協会との間で委託契約を締結していただきます。

10 委託費の支出
  委託契約の締結及び実施計画の提出後、必要に応じて委託額の9割の範囲で概算払いすることができます。

11 その他
   (1) 応募された申請書の内容についての秘密は厳守します。
   (2) 提出書類は、一切返却しません。
   (3) 申請書の内容に虚偽があった場合には、採択が取り消されます。
   (4) 取得した個人情報については、審査及び連絡目的としてのみ使用します。

   「北海道・豆トークショー2020」に係る委託業務受託者募集要領 (PDFファイル)

   「北海道・豆トークショー2020」に係る業務受託応募申請書(Wordファイル)

 

【応募書類送付先】
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル5F
公益社団法人北海道豆類価格安定基金協会 業務部(担当:塚田、加藤)

吸収合併に係る事前開示書面

吸収合併に係る事前開示書面

 

                                              令和元年10月25日

                                       (合併存続法人)
                                     公益社団法人北海道豆類価格安定基金協会 
                                            理事長  飛 田 稔 章 

 

 

 当法人は、吸収合併法人として、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第250条及び一般社団法人及び一般財団法人に関する法律施行規則第77条に基づき、下記のとおり開示いたします。

 

1 吸収合併契約の内容

 別紙1(PDF 110KB)のとおりです。

 

2 吸収合併消滅法人についての次に掲げる事項

(1)最終事業年度に係る計算書類等の内容

 https://hokkaidou-bareisho.com (公益社団法人北海道馬鈴しょ生産安定基金協会)

 https://www.koueki.jp/disclosure/ha/hokkaido_seika/index.htm  (公益社団法人北海道青果物価格安定基金協会)

 

(2)最終事業年度の末日後に重要な財産の処分、重大な債務の負担その他の法人の財産の状況に重要な影響を与える事象が
  生じたときは、その内容      該当事項はありません。

 

3 当法人についての次に掲げる事項

(1)最終事業年度の末日後に重要な財産の処分、重大な債務の負担その他の法人の財産の状況に重要な影響を与える事象が
  生じたときは、その内容      該当事項はありません。

 

4 合併後における吸収合併存続法人の債務の履行の見込に関する事項

  各法人の財務状況からみて、吸収合併存続法人の債務の履行に支障はないと判断しています。

 

5 事前開示開始日以降に上記事項に変更が生じたときは、変更後の該当事項

  変更が生じた場合は、ただちに開示いたします。

 

                                                    以 上

令和元年産対象豆類の基準価格を公告します。

令和元年産対象豆類の基準価格(公告)(PDF199KB)

「北海道・豆トークショー2019」は終了しました。

 「北海道・豆トークショー2019」が、10月5日(土)フォーポイントバイシェラトン函館で、開催されました。

 前半は、名寄市立大学保健福祉学部栄養学科加藤淳教授が、オリジナルのテキストとスライドを使い「見直そう、豆の力と豆料理」をテーマに、豆の栄養と機能性について講演しました。

 後半は、同ホテル宮越隆宏総料理長が考案した多種多様な道産豆を使った洋食、中華、和食の2品ずつのオリジナルメニュー6品を総料理長の調理のこつなど解説を交え、参加者160名全員で試食を楽しみました。

 当日試食しましたレシピを用意しましたので、ぜひ、ご家庭でもお試しください。

 また、アンケートにご協力していただきました参加者全員に、ご家庭で手軽に使える「蒸しあずき」と「蒸し大豆」のセットをお土産にお持ち帰りいただきました。

 函館市での開催は、2013年に引き続き2度目になりますが、また、この機会に「豆」に関心を持ち、健康で豊かな食生活の中に「豆」を取り入れていただきたいと思います。                            (事務局)

【試食料理のメニュー】

1.虎豆とポワロ―葱のタルト 黒コショウ風味
2.手亡と豚肉の煮込み ココット焼き
3.うずら豆とサーモンの香味和え
4.函館黒豆の飛竜頭(がんもどき)
5.金時豆と虎豆の麻婆煮
6.小豆と黒豆の中華カステラ

メニュー2,3,6のレシピ

メニュー1,4,5のレシピ

 

加藤先生の講演         質疑応答の加藤先生      宮越総料理長の解説

 

 

 

 

 

 

メニュー1           メニュー2          メニュー3

 

 

 

 

 

 

メニュー4           メニュー5          メニュー6

「北海道・豆トークショー2019」開催案内(応募受付は終了しました。)

「北海道・豆トークショー2019」を函館市で開催します。

 豆の日(10月13日)を記念して、「北海道・豆トークショー2019」を函館市で開催します。
 第一部は、名寄市立大学保健福祉学部栄養学科加藤淳教授の豆トークショーで、第二部は、フォーポイントバイシェラトン函館宮越隆宏総料理長の道産豆を使った料理の試食を開催します。
 ご家庭での調理のワンポイントアドバイスもありますので、ぜひこの機会にご参加ください!
 なお、参加費は無料となっております。

  日時:令和元年10月5日(土)13時00分~16時00分
  会場:フォーポイントバイシェラトン函館3階カメリア
     函館市若松町14番10号(JR函館駅前)
     ※ご来場の際は公共交通機関のご利用をお願いします。
  定員:ペア90組180名
  参加は、事前に申込みが必要です。
  詳細は、チラシをご覧ください。

    チラシおもて(PDF) 、チラシうら(PDF)

ページの先頭に戻る